MENU

背中にニキビできる原因について

背中ニキビの原因は様々と言われています。
代表的なのは肌の乾燥と睡眠不足と疲労といったストレスです。
人の身体は強いストレスを受けると自律神経のうち交感神経が活発になります。
この交感神経が優位になると男性ホルモンが過剰分泌され、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。
男性ホルモンは皮脂分泌の促進、角栓の発生、そして毛穴の縮小を引き起こします。
すると毛穴が詰まりやすい状態になり、ニキビが出来やすい環境になってしまうのです。
人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が住み着いており、この菌は皮脂を好む性質を持っています。
このマラセチア菌が増殖することで毛穴の内部に炎症が生じ、赤く腫れた本格的なニキビへと悪化してしまうのです。
このような事態に陥らないためにもケアが重要になってきます。
背中の徹底的な保湿ケアを行い、ストレスの少ない生活習慣を心がけましょう。
また、シャンプーに含まれるシリコンが毛穴のつまりを促進することがあるので、刺激の少ないノンシリコンに切り替えるのも効果的です。
またビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える作用があるので、ビタミンC誘導体を含有した化粧水、美容液などを使用するのも予防や改善に効果的です。